南インドの芸能を探求する『アビナヤラボ』のムドラちゃんが、インドの芸能や文化、手印=ムドラについて語り、『アビナヤラボ』の最新情報に迫ります

どこまでもたたくよ ミラーヴ
~南インド・ケーララの太鼓~

DevaVadya~神の楽器と呼ばれるミラーヴを前面に出したライブです

11月にケーララに滞在し、天才ミラーヴ奏者、VKKハリハランに師事してきた岩田豊美と、入野智江ターラが、ミラーヴを叩きます

2017年1月29日(日)18:30 から
会場:カフェ・ムリウイ
(小田急線祖師谷大蔵から徒歩5分、世田谷区祖師谷4-1-22-3F)

投げ銭制(+席料500円)

出演:入野智江ターラ、岩田豊美

スポンサーサイト

【2016/12/23 20:14】 | 公演のお知らせ
|
本日、長野県上田市にやって参りました。
明日の公演のため、生島足島神社という地元の大きなお社の神楽殿にてリハーサル

明日のイベントは、
上田市に点在する「文化財」で、文化祭をしよう!
という企画のひとつで、1000年以上の歴史を持つ生島足島神社の神楽殿を舞台にして、南インドの古典舞踊・古典劇が繰り広げられます
異国の神々に捧げられた”祈り”が日本の神と出会うとき、新たな宇宙が生まれます
10月9日(日)16時から(15半開場)
*入場無料
南インド古典舞踊=バラタナティヤム:横田ゆうわ 
南インド古典劇=クーリヤッタム:入野智江ターラ
(ミラーヴ伴奏:岩田豊美)
演目は「魔女プータナの死」
今回、久しぶりに大きめのオイルランプを使用
屋外なので、風で消えたりしないか少し心配ですが、芯も長めにして、いつもよりしっかり火をつけるつもりです
ミラーヴも大きいサイズを持って来ました

バラタナティヤムの横田ゆうわさんは、私が初めてインド舞踊を習い始めたときの教室の先輩
長野に移住して16年になる彼女と、このように共演できるのはとてもうれしく、楽しみです
(イリノ)

【2016/10/08 23:10】 | 公演のお知らせ
|
9月に京都で古典劇のパフォーマンスをさせていただきます。
今年4月の「インド独り舞ふ」で、同じ日に出演したご縁で
インド舞踊家、野中ミキさんの主催するイベントに呼んでいただきました。
野中さんとは、4月の公演のときに初めてお会いしましたが、東インド舞踊「オリッシー」を長年に渡ってきっちり鍛錬されてきた方で、穏やかながら、この舞踊と先生に対する深い想いを感じました。今回声をかけていただいて、とても嬉しく思っています。

「インド芸術祭2016」
2016年9月17日(土)14:30開演
会場:kokoka京都市国際交流会館イベントホール
出演:金澤倫子(南インド古典舞踊 バラタナーティヤム)
   直原牧子(東インド古典舞踊 オディッシィ)
   入野智江ターラ(南インド古典劇 クーリヤッタム)
       *ミラーヴ伴奏:岩田豊美
   南沢靖浩(北インド古典音楽 シタール)
   グレン・ニービス(北インド古典音楽 タブラー)

料金:前売/3,000円 外国人、学生、障がいのある方/1500円(当日は各500円増)
主催 / 企画・制作:インド アーツ サンガム京都

イベントの公式サイトへ

チラシもとても素敵
クーリヤッタムの女優をとっても可愛く描いてくださいました
flyer160917kyoto.png

【2016/08/15 18:34】 | 公演のお知らせ
|
アビナヤラボ、秋の予定
9月15日(木)豊田市古瀬間小学校にて
インド古典劇とミラーヴのデモンストレーション
「インド芸術祭2016」
9月17日(土)14:30開演
会場:kokoka京都市国際交流会館イベントホール
出演:
金澤倫子(南インド古典舞踊 バラタナーティヤム)
直原牧子(東インド古典舞踊 オディッシィ)
入野智江ターラ(南インド古典劇 クーリヤッタム)
*ミラーヴ伴奏:岩田豊美
南沢靖浩(北インド古典音楽 シタール)
グレン・ニービス(北インド古典音楽 タブラー)
料金:前売/3,000円 外国人、学生、障がいのある方/1500円(当日は各500円増)
主催 / 企画・制作:インド アーツ サンガム京都
インド芸術祭
クリシュナがゴーヴァルダナ山を持ち上げるエピソードを上演する予定です
「ビヨンド・ザ・ボーダー音楽祭2016」
10月16日(日)17:00開演
横浜みなとみらいホール(小ホール)
第一部の最初にインド古典劇を上演します
演目は「魔女プータナの死」を予定
ミラーヴ:畑板智保、岩田豊美
ダーラム:石山聖子
ビヨンド・ザ・ボーダー2016

【2016/07/01 22:39】 | 公演のお知らせ
|
今年で3回目となる「インド独り舞ふ」

日本や海外で、インド舞踊家として活躍するアーティストが一堂に会し、舞い踊る四日間
日本ではまだまだ浸透していないインドの芸能ですが、異文化であるはずのインド芸能に身を捧げているアーティスト達によるパフォーマンスは、必見です

12日(火)の最後に、
ナンギャールクートゥの演目から、
ウグラセーナ王から国を奪うカムサのエピソードを演じる予定にしています

伴奏は、
壺型太鼓ミラーヴ:岩田豊美
ターラム:石山聖子


Indian Classical Dance Solo Act in Tokyo 2016
「インド、独り舞ふ Vol.3」

日時:2016年4月11日(月)~14日(木) 18:00開場/19:00開演

場所:南青山MANDALA
〒107-0062 東京都港区南青山3-2-2 MRビルB1
TEL:03-5474-0411
銀座線「外苑前」駅1A出口より徒歩5分。外苑西通り沿い右手。

チケット予約受付中☆全席自由
◎四夜通し券:8,000円 →前方のお席をリザーブさせて頂きます。
◎一公演:2,500円
※公演毎に1ドリンクオーダーをお願いしております

ご予約は以下のサイトからが便利です
+Mandala: http://www.mandala.gr.jp/aoyama.html
+Tirakita: http://www.tirakita.com/インド、独り舞ふ
+Kadamb Japan: http://www.atsukathak.com/hitorimau/yoyaku.html

【2016/03/22 17:36】 | 公演のお知らせ
|