南インドの芸能を探求する『アビナヤラボ』のムドラちゃんが、インドの芸能や文化、手印=ムドラについて語り、『アビナヤラボ』の最新情報に迫ります
岡田正子氏によるベラ・レーヌの演技レッスン
以前から気になっていたが、5月に両国のギャラリーXで行われた三日間のワークショップの初日だけに参加させていただいた

クーリヤッタムの演技と通じるものを感じたので、少し考えをまとめてみようと思う

この日の課目は
1.心の中のセリフ
2.レセプシオン
3.二義的動作

「心の中のセリフ」というのは、台本からセリフを取ってしまってもお芝居が成立するように、心の中を充実させること

「セリフがなくても充分その場の状況が演じられるようになった時、はじめてチェーホフの宝石のようなセリフが全部生きてくる。」とベラ・レーヌさんはよく仰っていたそうだ

クーリヤッタムでは、台本の言葉を一語一語ムドラを使って表していく
例えば、「蓮の花を見た」という文を表す場合は「蓮の花」と「見る」というムドラを順々に表わす
「蓮の花」のムドラは
胸の前で両手を合わせてつぼみの形を作り、少しずつ指を開いて花の形を作る
その時、手で作った花の辺りに蓮の花をイメージし、花びらを一枚一枚目で追うようにする
そして、心の中にその蓮の花のイメージを確立させて正面を見る
蓮の花のムドラ
次に「見る」
両手を軽く握って、左右の目の横にもっていき、人差し指と中指を伸ばしてチョキの形にする、と同時に目を見開き、蓮の花を見る
この時、どこに、どんな蓮の花が咲いているかがはっきりしていないと、漠然とした目線になってしまう

言葉をムドラで表すためには、言葉が表している情景などを具体的に思い描くことがとても大事だ

これは「心の中のセリフ」でやっていることと近いように感じた


クーリヤッタムには基となる戯曲があって、それとは別に上演のための台本がある
戯曲はサンスクリット語で書かれた古い文学作品だが、クーリヤッタムではその戯曲に書かれているセリフをそのまま舞台化するということをしない
背景や行間を考え、具体化して組み立てることで上演用台本を作り、その台本に則って上演する
この上演用台本は「心の中のセリフ」を構成したもの、と言えるかもしれない

フランス演劇と南インド古典劇、意外な共通点がある

ムドラは手の形で言葉を表す方法だけれども、声に出す言葉だけでなく、心の中の言葉を表していく方法でもある
セリフではない部分を極端に深読みして表現しようとする指向性が、ムドラによる表現を発達させたのかもしれない
スポンサーサイト

【2016/06/01 13:05】 | ムドラいろいろ
|
クーリヤッタムの公演写真を例にあげて、ムドラの説明をしようと考えてみたけれど、意外と適当な写真が少ないことに気づく。

今回はわかりやすい「ひとつ」を表すムドラの紹介。

Eka

誰にでもわかりやすい、万国共通のハンドジェスチャーである。
同じ数を表すムドラでも、「2」とか「5」とかになると違ってくるのだが、それはまた別の機会に。
クーリヤッタムはケーララの言葉マラヤーラム語の台本に基づいて上演する。
台本に書いてある言葉を一つひとつムドラに置き換えていく訳であるが、マラヤーラム語では英語のように、単数のものや人を示す時は「一人の男が」とか「一つの(ある)場所に」というように、名詞の前に「ひとつの」="oru"がつく。
そして、この"oru"があるところでは、このムドラを使うことになる。


追記を閉じる▲

【2011/07/05 19:58】 | ムドラいろいろ
トラックバック(0) |
「アンジャリ」というサンスクリット語は合掌という意味だといわれる。
一般的に手の平を合わせた形を「アンジャリ」と呼ぶ。

「クーリヤッタム」では、この形はあいさつに使われると同時に、「神」や「主」という意味でも使われる。
「女神」を表すこともある。
ケーララの女性古典舞踊「モヒニヤッタム」の先生曰く、「アンジャリ」は五本の指先を合わせて少し膨らませた形だそうだ。
これは蓮の花のつぼみの形と似ている。

また、「クーリヤッタム」の先生のひとりは、いつも左右の親指を重ねて交差させる。

手の平を合わせる時左右の掌の間に空間を作ると、そこに気のようなものがたまって温かく、その空間の意味深さを感じる。
掌をぴたっとつけて合掌すると、片方の手から反対側の手に気が流れていくように感じる。
親指を交差させると、またその流れが変わる。


追記を閉じる▲

【2011/05/30 21:01】 | ムドラいろいろ
トラックバック(0) |
pataka

開いた手の薬指だけを曲げたこの形は「パターカ」と呼ばれる。
その名前の意味は「旗」である。
日本語の「旗」は、サンスクリット語の「パターカ」から来たらしい。

クーリヤッタムで、この手の形で旗を表すこともなくはない。が、それ以外の多くの重要な言葉を表すのに使われている、一番目のムドラである。
「太陽」は、両手をこの形にし、手のひらを前向きにして、胸の前に持ってくる。
たとえば、ずっと先の水平線から太陽が上がってくる様子をイメージし、その太陽がだんだん上がってくるのを見る。手のひらをその太陽の方に向けながら、かなり上まで上った太陽がギラギラの日差しを放つのを感じたら、視線を正面に移し、自らが太陽そのものとなる。

その他、「王」「玉座」「象」「ライオン」「世界」「地上」「地下界」「人々」「行く」などに、この手の形が使われる。


追記を閉じる▲

【2011/05/24 21:19】 | ムドラいろいろ
トラックバック(0) |
前回ムドラちゃんが示していたのは「太陽」という意味のムドラの最終形。
プロフィールに載せている画像もこれである。

サンスクリット語で太陽は「スーリヤ」という。
ヒンドゥの太陽神には、その他にもいろいろな呼び名がある。
その中でも好きなものは、友人という意味の「ミトゥラ」
インドでよく行くお寺で、朝のお参りに来る人たちは、決まった場所で太陽の方を向いて立ち、手を合わせる。
そこで私も真似してみる。
そのときに「いつも変わらず力あふれ、頼もしい我が友よ!」という気持ちで
「メー ミトゥラーヤ ナマ」とつぶやいてしまう。


追記を閉じる▲

【2011/03/26 22:33】 | ムドラいろいろ
トラックバック(0) |