南インドの芸能を探求する『アビナヤラボ』のムドラちゃんが、インドの芸能や文化、手印=ムドラについて語り、『アビナヤラボ』の最新情報に迫ります
岡田正子氏によるベラ・レーヌの演技レッスン
以前から気になっていたが、5月に両国のギャラリーXで行われた三日間のワークショップの初日だけに参加させていただいた

クーリヤッタムの演技と通じるものを感じたので、少し考えをまとめてみようと思う

この日の課目は
1.心の中のセリフ
2.レセプシオン
3.二義的動作

「心の中のセリフ」というのは、台本からセリフを取ってしまってもお芝居が成立するように、心の中を充実させること

「セリフがなくても充分その場の状況が演じられるようになった時、はじめてチェーホフの宝石のようなセリフが全部生きてくる。」とベラ・レーヌさんはよく仰っていたそうだ

クーリヤッタムでは、台本の言葉を一語一語ムドラを使って表していく
例えば、「蓮の花を見た」という文を表す場合は「蓮の花」と「見る」というムドラを順々に表わす
「蓮の花」のムドラは
胸の前で両手を合わせてつぼみの形を作り、少しずつ指を開いて花の形を作る
その時、手で作った花の辺りに蓮の花をイメージし、花びらを一枚一枚目で追うようにする
そして、心の中にその蓮の花のイメージを確立させて正面を見る
蓮の花のムドラ
次に「見る」
両手を軽く握って、左右の目の横にもっていき、人差し指と中指を伸ばしてチョキの形にする、と同時に目を見開き、蓮の花を見る
この時、どこに、どんな蓮の花が咲いているかがはっきりしていないと、漠然とした目線になってしまう

言葉をムドラで表すためには、言葉が表している情景などを具体的に思い描くことがとても大事だ

これは「心の中のセリフ」でやっていることと近いように感じた


クーリヤッタムには基となる戯曲があって、それとは別に上演のための台本がある
戯曲はサンスクリット語で書かれた古い文学作品だが、クーリヤッタムではその戯曲に書かれているセリフをそのまま舞台化するということをしない
背景や行間を考え、具体化して組み立てることで上演用台本を作り、その台本に則って上演する
この上演用台本は「心の中のセリフ」を構成したもの、と言えるかもしれない

フランス演劇と南インド古典劇、意外な共通点がある

ムドラは手の形で言葉を表す方法だけれども、声に出す言葉だけでなく、心の中の言葉を表していく方法でもある
セリフではない部分を極端に深読みして表現しようとする指向性が、ムドラによる表現を発達させたのかもしれない
スポンサーサイト

【2016/06/01 13:05】 | ムドラいろいろ
|
女性のひとり芝居である「ナンギャールクートゥ」では、伝統的にクリシュナの物語を演じてきた

クリシュナは笛の名手で、彼が吹く笛が聞こえてくると、人間も動物たちも、うっとりとしてしまう

というわけで、
インドの舞踊でクリシュナが登場する時は、横笛を吹く形で表されることが多いが、ナンギャールクートゥでは違う

この写真のような形で表わす
このムドラにはヴィシュヌ神という意味もある

クリシュナはヴィシュヌ神の化身であるが、
生まれて間もない赤ちゃんクリシュナも
青年クリシュナも
ヴィシュヌ神も
みな、同じ形で表されるということである

クリシュナは、ある時を境に笛を手放したとされていて、ナンギャールクートゥではその後のエピソードも出てくるので、笛を吹く形を使わないのかもしれない。

【2014/01/23 22:48】 | ムドラいろいろ
トラックバック(0) |


シヴァ神を表すムドラ

神様すべてに固有のムドラがあるわけではないが、いくつかには固有のものがある

シヴァ神のムドラは
右手は槍先、左手は動物を表す形
槍先はシヴァの持つ三叉の戟を表しているらしい
動物は、シヴァの乗り物の牛か
あるいは、シヴァは鹿を持っているとも言われている

ちなみに、神々は色々な別名を持つが、クーリヤッタムの台本でシヴァは、パラメーシュワラ(=最高神)と呼ばれることが多い

【2013/11/07 22:07】 | ムドラいろいろ
トラックバック(0) |


蓮の花を表すムドラ。
蓮の花は日本でも特別な花だが、それはインドから仏教と共に伝わったのか、それとももっと古いのだろうか?

濁った水の中に育ち、美しい花を開くことから、汚れることのない真の美しさを表しているとも言われる。
どんなものも、その内側には真実の美しさを内包していることを表しているのかもしれない。

ヒンドゥーの神へ捧げる儀礼に使われることも多い。
イリンジャラクダのクーダルマニッキャムの神様は首に大きな蓮の花の花輪をかけている姿である。この寺院で供養に使われる花は3種類に限られているが、蓮の花はその一つで、毎日たくさん使われている。


蓮の花のもう一つの特徴は花びらの数が多いこと。

人間には身体の各部にチャクラと呼ばれるエネルギーポイントのようなものがあり、
それぞれに蓮の花が対応しているといわれる。
ヨーガなどで、ある段階に達すると、頭頂部に千枚の花びらを持つ蓮の花が開花し、そこからアムリタ(甘露)が流れ落ちてくる,などと言われる。
先人達は、それをどのように感知したのだろう?
想像をふくらますと愉しい。


クーリヤッタムにおいては
まず、右と左の手の平を合わせて少し膨らませた、つぼみの形からはじめることが多い。
右側のエネルギーと左側のエネルギーが出会って調和している形である
そして、指先から花開く
ちなみに、日本では水面から茎が伸びて、高い位置で花開くのを良くみるけれど、インドの蓮は多分種類が違い、熱帯性で花が水面すれすれに咲く。


追記を閉じる▲

【2013/03/08 21:49】 | ムドラいろいろ
トラックバック(0) |
クーリヤッタムの公演写真に見られるムドラの意味を解説するシリーズ第一弾?

今日は「見る」



具体的でわかりやすいムドラのひとつ。
特に解説はいらないと思うが、目の横で一度手を握るようにしてから、二本指を開くのが、クーリヤッタムらしい仕草だ。

写真は、今年1月にラッキディにあるマーニ・マーダヴァ・チャーキヤール・グルクラムにてナンギャールクートゥを演じるウシャ・ナンギャール

【2013/02/28 16:17】 | ムドラいろいろ
トラックバック(0) |