南インドの芸能を探求する『アビナヤラボ』のムドラちゃんが、インドの芸能や文化、手印=ムドラについて語り、『アビナヤラボ』の最新情報に迫ります
去る日曜日、ミラーヴのワークショップを行いました

北や東のインド舞踊を習っているという方や、和太鼓をやっている小学生とそのお母さまなど、クーリヤッタムのことをあまり知らない方々が興味を持ってご参加下さいました
うれしい限りです

この太鼓の魅力をどうやって伝えようか、と考えながら、ワークショップの内容を考えてきたのですが
今回は、ミラーヴの音楽が演劇の伴奏に特化して発展してきたことに焦点を当てました

楽器経験のない方がほとんどの中、基礎練習から始めて、最後には、演技に合わせて一緒に拍子を刻んで演奏するところまで、
やってみることができました

会場の建物の中にあるグループホームからも、何人か見学に来てくださりました
一緒に手を動かしたり、ミラーヴに独特のリズム歌ワイターリを、歌ってみたり、楽しんで下さったようで、会場全体が温かい雰囲気に包まれました

参加者の皆さま、見学の皆さま、手伝って下さった皆さま、そして、東中野キングス・ガーデンのスタッフの方々、ありがとうございました
ワークショップの様子


ミラーヴ演奏デモンストレーション
ミラーヴ:入野智江ターラ、岩田豊美
ターラム:綾香詳三、畑板智保


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2016/05/31 23:06】 | 南インド芸能クラスNEWS
|