南インドの芸能を探求する『アビナヤラボ』のムドラちゃんが、インドの芸能や文化、手印=ムドラについて語り、『アビナヤラボ』の最新情報に迫ります
南青山マンダラ、インド舞踊ソロアクト2days 無事に終了しました

クーリヤッタムで出演させていただいた2日目は、朝から雨、午後からは風も吹いて冷え込む中、沢山のお客様にご来場いただき、本当にありがとうございました


今回は「カムサの殺害」の前半に出てくるナヴァラサの場面を抜粋で上演しました
見て下さったオリッシーダンサーの祥子さんが、Facebookで素敵なコメントをしてくださいました
Facebook

インドの神話や哲学に造詣の深い方々にみていただけることは、とても励みになります
舞台の上で神話を演じることは、その背景にある哲学を身体化することでもあります
見る側からすると、五感を通して感じることで、理解が深まることもあると思います
時には、演じる側が理解していないことまで伝わることもあるかもしれません

伝統芸術には、そんなしなやかな力があると思っています

この地上に産まれて5ヶ月くらいの小さな人がじっと見つめてくれたり
これからこの世に現れる命は、ミラーヴの音にお腹の中で動いたり

小さな小さな命たちが反応する様子にも、嬉しくなりました

このような経験ができるのも、インド独り舞ふの仲間ならではかもしれません
スポンサーサイト

【2017/04/13 15:21】 | アビラボの公演日記
|