南インドの芸能を探求する『アビナヤラボ』のムドラちゃんが、インドの芸能や文化、手印=ムドラについて語り、『アビナヤラボ』の最新情報に迫ります
太陽ムドラちゃん正面


ムドラというのは、サンスクリット語で印という意味である。印といっても、手印のことを言うことが多いと思う。身近なところでは、仏像の手の形などがムドラである。

このブログでは、南インドの古典劇において、言葉を表すために使われるムドラ(手印)に関係する話題を紡いでみたいと思っている。
いろいろな手の形を使って言葉を表すということは、その言葉の持つ見えない力を呼び出すようなものだ。

ムドラという言葉はまた、喜び、あるいは喜びを生み出すもの、という意味もあるらしい。

いま、このような試練のとき、見えない力の大きさをつくづく感じる、こんなときに、
すこしでも喜びを生み出すために何をすればいいのだろうか。
スポンサーサイト

【2011/03/23 09:25】 | ムドラいろいろ
トラックバック(0) |


yuwa
素敵なブログの開設を嬉しく思っています♪

私たちはこれからますます、「目には見えない大いなるものの力」を必要とする時となるでしょう。
「喜びを生み出す働き」が出来ますようにと
祈り願いながら、日々の生活や踊りの人生を深めていきたいですね。

ぜひまたお会い出来ますことを!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
素敵なブログの開設を嬉しく思っています♪

私たちはこれからますます、「目には見えない大いなるものの力」を必要とする時となるでしょう。
「喜びを生み出す働き」が出来ますようにと
祈り願いながら、日々の生活や踊りの人生を深めていきたいですね。

ぜひまたお会い出来ますことを!
2011/05/23(Mon) 13:24 | URL  | yuwa #cT5QkeEE[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック