南インドの芸能を探求する『アビナヤラボ』のムドラちゃんが、インドの芸能や文化、手印=ムドラについて語り、『アビナヤラボ』の最新情報に迫ります
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo H.Ito

「インド独り舞う」は、4/14から四日間に渡って、南青山MANDALAにて繰り広げられました
素晴らしい時間でした

こんなイベントに呼んで頂けたことに感謝しています

主催の前田あつこさんのしなやかな感性と
ダンサーひとりひとりの日々の積み重ねが
観客の心に触れ、ふわっと開いていくようで
日に日に空間は熱を帯びていったようでした

ダンスという枠組みの中で、古典劇クーリヤッタムを演じることができたことも、かなり刺激的でした
皆さんからの反応もよく、ホッとしました

限られた時間内の打合せで、クリエイティブな仕事をしてくださった照明やスタッフの方々にも感謝の念が絶えません


インドの文化やインド舞踊って、面白いんだな~
というわくわく感

久々に実感しました

また、続ける事が大事だということも、、、

日本のインド舞踊界はすごいところまで来ているんですね

へたれながらでも、少しずつ続けていこう
と、勇気をもらいました

このイベントもまた続けられますように
(Tara)
スポンサーサイト

【2014/04/22 14:10】 | アビラボの公演日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。