南インドの芸能を探求する『アビナヤラボ』のムドラちゃんが、インドの芸能や文化、手印=ムドラについて語り、『アビナヤラボ』の最新情報に迫ります
6月26日から29日まで、
横浜みなとみらい小ホールにて開催される
「ビヨンド・ザ・ボーダー音楽祭」
初日と最終日のコンサート開演前の舞台上で、クーリヤッタムのパフォーマンスをします


26日(木)19:30~19:50
「プラッパードゥ」より シヴァ神を讃える舞
伴奏:足本みよ子(ミラーヴ)、綾香詳三(ミラーヴ)、岩田豊美(ターラム)

29日(日)17:30~17:50
恋する人に見惚れて、恋に心を焦がす女性の様子
伴奏:岩田豊美(ミラーヴ)、石山聖子(ターラム)

29日のガラ・コンサートでは、クラシック音楽とのコラボレーションも予定していますどんなことになるかわかりませんが、まずは挑戦してみようと思っています

ヴァイオリニスト、鈴木理恵子さんの企画によるこのイベント
西洋、東洋、絵画、舞踊など、あらゆる"ボーダー(境界)"を超える、というコンセプトで
素晴らしいアーティストの面々による
意欲的な顔合わせ満載のプログラムになっています

facebookページはこちらから

そして
22日(日)にはワークショップも予定しています
13:30~15:00(13:15開場)

★巻上公一(ホーメイ) 入野智江ターラ(インド古典劇演者)がお送りする
身体と声のワークショップ!
クーリヤッタムで身体と心をウォーミングアップした後で、みんなでシベリアの喉歌の声を出してみよう

この機会にぜひ体験してみませんか


対象年齢:小学校高学年以上~大人まで!
参加費:小学生 500円
中学生以上 1000円

お申込み:横浜みなとみらい事務室 045-682-2020
「6月22日身体と声のワークショップに参加希望」とお電話下さい!
スポンサーサイト

【2014/06/05 17:42】 | 公演のお知らせ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック