南インドの芸能を探求する『アビナヤラボ』のムドラちゃんが、インドの芸能や文化、手印=ムドラについて語り、『アビナヤラボ』の最新情報に迫ります
もう2ヶ月以上も経ちましたが
京都でインド古典劇を上演してきました
演目は、クリシュナがゴーヴァルダナ山を持ち上げるエピソード by 入野智江ターラ
ミラーヴ伴奏:岩田豊美
photo by tiko*


京都といえば
2007年に、ナタナカイラリのグループでクーリヤッタムを上演した事がありますが、私自身が演じるのは初めて

落ち着いた雰囲気の上質な会で
さすが京都、文化度が違います


バラタナティヤムの金澤倫子さんには、朝一番に丁寧なご挨拶で楽屋にご案内していただき
踊りはおおらかで力強く、印象的でした

昨年のインド独り舞ふでお会いした沖縄在住のオディッシィダンサー直原牧子さんとも再会したり

南沢靖浩のシタールとグレン・ニービスさんのタブラーによるカッチェーリは、出番前で楽屋で聞いていましたが、素晴らしい音色で盛り上がっていました

主宰の野中ミキさんが、全体のMCを担当されて、とても温かみのあるプログラムでした


ありがとうございました

スライドショーはこちらから
会場:kokoka京都市国際交流会館イベントホール
スポンサーサイト