南インドの芸能を探求する『アビナヤラボ』のムドラちゃんが、インドの芸能や文化、手印=ムドラについて語り、『アビナヤラボ』の最新情報に迫ります
昨日は、毎月行っているムドラの研究会の日だった。

今回のテーマは前回に引き続き「木」

道を歩いていて、あるいは
林の中で、
木に注目することがあるとしたら、どうやって見るだろうか?

何かを見るとき、まずどこに目がいくか?
たとえば、
人を見る時であれば、だいたい最初に顔に目がいく。
木の場合はどうだろう?

そんなことを考えるのも大切なことである。
何を見るか?どうやって見るか?によって、ムドラの表わすものはいろいろに変化する。
そして、ちょっとやってみるだけでも、それは意外と実感できるものである。

来月は12月20日(火)の予定
スポンサーサイト

【2011/11/16 17:38】 | ムドラいろいろ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック