南インドの芸能を探求する『アビナヤラボ』のムドラちゃんが、インドの芸能や文化、手印=ムドラについて語り、『アビナヤラボ』の最新情報に迫ります
クーリヤッタムでムドラで「木」を表わす時には、下から上に見上げていく。
こうすると、木がのびていく生命力を感じることができる、こともある。

木を見るとき、他に何が見えるだろうか

枝・・・
クーリヤッタムの「枝」は、ちょっとわかりづらい。
ひらひらもしているし、噴水の様でもある。
葉っぱがたくさんついた枝の様子なのだろうか?
ケーララは植生が熱帯だから、生えている木は日本とは違う。
ということは、私たち日本人の思い描く枝とはちょっと違うのかもしれない。

ムドラの形に具体的なもののイメージを求めると、ときどきわからなくなることがある。
考えない方がいい時もあるが、気になるものである。
スポンサーサイト

【2011/11/17 18:03】 | ムドラいろいろ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック