南インドの芸能を探求する『アビナヤラボ』のムドラちゃんが、インドの芸能や文化、手印=ムドラについて語り、『アビナヤラボ』の最新情報に迫ります
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JML南インド芸能クラスでは、
南インド・ケーララ出身の演劇人、
プラバート・バスカランを講師に迎えて、
インドの伝統武芸カラリパヤットゥの訓練に基づいたワークショップを行います。

演劇や舞踊など、身体を使った表現のために身体と心の準備を整える方法を見いだしていこう!
そんなコンセプトです。

日程:
(1)5/21(月)19時~21時  (2)5/23(水)19時~21時
(3)5/29(火)14時~16時
(4)6/6(水)19時~21時  (5)6/7(木)14時~16時  (6)6/9(土)18時~20時  (7)6/10(日)18時~20時
(8)6/13(水)19時~21時  (9)6/14(木)14時~16時  (10)6/16(土)14時~16時  (11)6/17(日)18時~20時

場所:世田谷区内集会施設
日程と会場は教室カレンダーで確認することもできます  教室カレンダー

受講料:2500円/1クラス
5クラス目以降、2000円/1クラス
ただしJML生は、5クラス目以降1000円/1クラス

お問合せは左のリンクで、南インド芸能クラスのページからメールでお問い合わせください。


講師プロフィール
2002年、カリカット大学、スクールオブドラマを演技専攻で卒業。その後、ハイデラバード大学パフォーミングアート学部にて演出を専攻し、主席にて修士課程を卒業。2012年、能とクーティヤッタム(南インド・ケーララ州の伝統舞踊)の役者稽古法の比較研究における博士論文を発表。
現在、インド・ポンディチェリー大学、パフォーミングアート学部、助教授
幼少からヨガとカラリパヤットゥ(南インドケーララ州の伝統武芸)を学ぶ。
1999年、南インドケーララ州にて、演劇グループ・バハラタシアターを創設。
2000年、国際交流基金により上演された『サケータム』(東京・福岡)のキャストとして来日。
2005年来日の際には、入野智江ターラ氏との共作演、『ケーララホテルクットゥ』を上演。
2006年にも来日し、東京にて、演技・能・舞踏を学ぶ。
これまで学んできた数々の演劇技法や経験を継ぎ目なく融合させることで独自の現代演技稽古法を生み出す。
これまで故・観世栄夫、大野慶人、リチャード・エマート、入野智江ターラ、アビラーシュ・ピライ、アヌラダ・かプール、トングベルグ、ベティー・ベルナード、ラグナンダナ、ラームゴーパール・バジャージ、シャンカル・ベンカテーシュワラン(敬称略)など、各界で活躍する著名人と52に及ぶ演劇の演出、演技を手がけてきた。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
幼少からヨガとカラリパヤットゥ(南インドケーララ州の伝統武芸)を学ぶ。
1999年、南インドケーララ州にて、演劇グループ・バハラタシアターを創設。
2000年、国際交流基金により上演された『サケータム』(東京・福岡)のキャストとして来日。
2005年来日の際には、入野智江ターラ氏との共作演、『ケーララホテルクットゥ』を上演。
2006年にも来日し、東京にて、演技・能・舞踏を学ぶ。
これまで学んできた数々の演劇技法や経験を継ぎ目なく融合させることで独自の現代演技稽古法を生み出す。
これまで故・観世栄夫、大野慶人、リチャード・エマート、入野智江ターラ、アビラーシュ・ピライ、アヌラダ・かプール、トングベルグ、ベティー・ベルナード、ラグナンダナ、ラームゴーパール・バジャージ、シャンカル・ベンカテーシュワラン(敬称略)など、各界で活躍する著名人と52に及ぶ演劇の演出、演技を手がけてきた。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:心と体にいいことはじめよう! - ジャンル:心と身体

【2012/05/14 20:23】 | 南インド芸能クラスNEWS
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。