南インドの芸能を探求する『アビナヤラボ』のムドラちゃんが、インドの芸能や文化、手印=ムドラについて語り、『アビナヤラボ』の最新情報に迫ります
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラバート・バスカランが、バーサの戯曲『カルナ・バーラム』から着想を得て、新作を披露してくれることになりました。

Time of Your Life

at  カフェ・ムリウイ(祖師ケ谷大蔵)
2013・5・30(thu)
19時頃から
ワンドリンクオーダー +投げ銭制

太陽神の息子でありながら、御者の息子として育てられたカルナ。
カルナのストーリーから、プラバートが何を見せてくれるのか、楽しみです。
ムリウイの異空間で、ぜひ、
目撃しにいらしてください。

プラバート・バスカラン
2002年、カリカット大学、スクールオブドラマを演技専攻で卒業。その後、ハイデラバード大学パフォーミングアート学部にて演出を専攻し、首席にて修士課程を卒業。2012年、能とクーティヤッタム(南インドケーララ州の伝統舞踊)の役者稽古法の比較研究における博士論文を発表。
幼少からヨガとカラリパヤットゥ(南インドケーララ州の伝統武芸)を学ぶ。1999年、南インドケーララ州にて、演劇グループ・バハラタシアターを創設し、長年に渡りきめ細かな洞察と挑戦で作品を向上させてきた。2000年、国際交流基金により、東京・福岡で上演された『サケータム』のキャストとして来日。2005年来日の際には、入野智江ターラ氏との共作演、『ケーララホテルクットゥ』を上演、2006年にも来日し、東京にて、演技・能・舞踏を学ぶ。
現在、インド・ポンディチェリー大学、パフォーミングアート学部、助教授




今回のパフォーマンスは、子供の頃からインドの伝統武芸に親しみ、また、今まで何度も日本に滞在して、能や舞踏の稽古も経験してきたプラバートが、日本で得たものを盛り込み、人々と交感したい、そんな思いでお届けします。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
今回のパフォーマンスは、子供の頃からインドの伝統武芸に親しみ、また、今まで何度も日本に滞在して、能や舞踏の稽古も経験してきたプラバートが、日本で得たものを盛り込み、人々と交感したい、そんな思いでお届けします。
スポンサーサイト

【2013/05/23 23:00】 | 公演のお知らせ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。