南インドの芸能を探求する『アビナヤラボ』のムドラちゃんが、インドの芸能や文化、手印=ムドラについて語り、『アビナヤラボ』の最新情報に迫ります
アビナヤラボ、秋の予定
9月15日(木)豊田市古瀬間小学校にて
インド古典劇とミラーヴのデモンストレーション
「インド芸術祭2016」
9月17日(土)14:30開演
会場:kokoka京都市国際交流会館イベントホール
出演:
金澤倫子(南インド古典舞踊 バラタナーティヤム)
直原牧子(東インド古典舞踊 オディッシィ)
入野智江ターラ(南インド古典劇 クーリヤッタム)
*ミラーヴ伴奏:岩田豊美
南沢靖浩(北インド古典音楽 シタール)
グレン・ニービス(北インド古典音楽 タブラー)
料金:前売/3,000円 外国人、学生、障がいのある方/1500円(当日は各500円増)
主催 / 企画・制作:インド アーツ サンガム京都
インド芸術祭
クリシュナがゴーヴァルダナ山を持ち上げるエピソードを上演する予定です
「ビヨンド・ザ・ボーダー音楽祭2016」
10月16日(日)17:00開演
横浜みなとみらいホール(小ホール)
第一部の最初にインド古典劇を上演します
演目は「魔女プータナの死」を予定
ミラーヴ:畑板智保、岩田豊美
ダーラム:石山聖子
ビヨンド・ザ・ボーダー2016

【2016/07/01 22:39】 | 公演のお知らせ
|
今年で3回目となる「インド独り舞ふ」

日本や海外で、インド舞踊家として活躍するアーティストが一堂に会し、舞い踊る四日間
日本ではまだまだ浸透していないインドの芸能ですが、異文化であるはずのインド芸能に身を捧げているアーティスト達によるパフォーマンスは、必見です

12日(火)の最後に、
ナンギャールクートゥの演目から、
ウグラセーナ王から国を奪うカムサのエピソードを演じる予定にしています

伴奏は、
壺型太鼓ミラーヴ:岩田豊美
ターラム:石山聖子


Indian Classical Dance Solo Act in Tokyo 2016
「インド、独り舞ふ Vol.3」

日時:2016年4月11日(月)~14日(木) 18:00開場/19:00開演

場所:南青山MANDALA
〒107-0062 東京都港区南青山3-2-2 MRビルB1
TEL:03-5474-0411
銀座線「外苑前」駅1A出口より徒歩5分。外苑西通り沿い右手。

チケット予約受付中☆全席自由
◎四夜通し券:8,000円 →前方のお席をリザーブさせて頂きます。
◎一公演:2,500円
※公演毎に1ドリンクオーダーをお願いしております

ご予約は以下のサイトからが便利です
+Mandala: http://www.mandala.gr.jp/aoyama.html
+Tirakita: http://www.tirakita.com/インド、独り舞ふ
+Kadamb Japan: http://www.atsukathak.com/hitorimau/yoyaku.html

【2016/03/22 17:36】 | 公演のお知らせ
|
昨年に引き続き、今年も八王子がインドになる!?

3月20日(日)と21日(祝)の二日間、八王子のユーロードがマサラフェスティバルで盛り上がります
いいお天気に恵まれるといいですね

20日の12:00~12:40
的場裕子さんのヴィーナによる南インド古典音楽では、伴奏のパーカッション、ムリダンガムをirinoが担当します
実は、昨年3月のこのフェスティヴァル以来のムリダンガム演奏なので、緊張していますが
カルナーティックな世界になるべく近づけるようにと、少しずつ準備しています

もう一つ、今年は
タミル民族舞踊〜太鼓を持って、叩きながら踊るパライヤッタム〜にも参加することになりました
20日 15:20~15:50
ティルワーティラカリの仲間の黒川さん率いるグループ「ヌリッティアンジャリ」のステージで一緒に叩いて踊ります
同じくティルワーティラカリ仲間で、インド古典劇やミラーヴもやっている岩田豊美さんも出演します
ケーララのゆったりとした動きとはひと味違う、心拍数の上がりそうな踊りです
お楽しみに


フェスの詳細はこちらから

【2016/03/14 23:29】 | 公演のお知らせ
|
クーリヤッタムの小さなライヴのお知らせです

「インドの神様がくれた芸能」
Cafe MURIWUI にて
ケーララの伝統演劇に想いを馳せる一夜

2016年2月20日(sat) 7pm start
投げ銭制+チャージ500円

インドの古典劇クーリヤッタムから
『象と蛇、獅子との闘い』の場面を上演予定です
ひとりで動物たちを演じ分けて、インドの森の荒々しさを描き出します

クーリヤッタムのこと、ムドラのことなどのお話も交えて、ゆったりとしたひとときを

出演:入野智江ターラ
伴奏(つぼ型太鼓ミラーヴ):岩田豊美

場所:カフェ・ムリウイ
小田急線祖師ヶ谷大蔵駅下車
北口商店街、徒歩5分

【2016/01/11 21:21】 | 公演のお知らせ
|
去る10/18(sun)には、鷹の台で恒例となっている月夜の幻燈会がどんぐり林でありました
17日の予定でしたが、午前中の雨で客席のあたりに水たまりができて、順延となったのですが、翌日は爽やかな空気に包まれて、三日月に見守られる、いい日になりました

この日に上演した作品『セロ弾きのゴーシュ』を、今度は祖師谷大蔵のカフェ・ムリウイで上演できることになりました

今回は絵の投影はなくて、耳で楽しむ幻燈会です
朗読と音楽を聴いて、自由にイメージの翼をひろげていただけたらうれしいです



絵のない幻燈会『セロ弾きのゴーシュ』
at Cafe MURIWUI
2015年11月5日(木)19:00 start
投げ銭制+チャージ500円

出演: 
鍵本景子(朗読) 
植松葉子(笛) 
入野智江(ハルモニウム、小太鼓など)
佐々木知子(セロ) 

予約制ではありませんので、早めに来ていただけたら、いい席に座っていただけると思います。サンドイッチなどの食べ物も美味しいので、是非お試しください

【2015/10/26 20:02】 | 公演のお知らせ
|